NEWS

「ひるねちゃんと行く井の頭公園100周年PARK MUSICツアー」


公開しました。

360度視点で春の井の頭公園をお楽しみいただけます。

詳しい説明は特設サイトにて。

こちらのリンクからご覧ください。

実写の360度映像にあわせてアニメーションが重なります。

今回は映画「PARKS パークス」と演劇が元にあり、それらと井の頭公園の歴史をつなげるという壮大なテーマがベースにあり、劇団ロロ版PARKSで主演を務められていた島田桃子さんにご出演頂き、360度カメラを手に持ち井の頭公園内を撮影して頂きました。

アニメーションで登場するものものは、映画に関する登場人物、井の頭公園の歴史上重要な人や動物、だれかの思い出など。

現実の時間もフィクションの時間も映像の中で入り乱れています。

最後の井の頭公園の100周年のお祝いのシーンでは、実写、実写の中で投影されているアニメーション、合成されたアニメーションと、三層の次元のレイヤーが重なっています。

アニメーションを投影するための布は、後ろで人が手で持って揺らしています。布をはためかせたり、ゆらすことで、投影されたアニメーションが有機的になりました。

この投影方法の発見は、プロジェクションするアニメーションを扱っていて感じていた、どうしても”投影の範囲”を感じてしまう窮屈さから解放された瞬間でした。やわらかい投影。展示でやるのは難しそうだけど、、

ぜひ、最後までご覧いただけましたら幸いです。



作品解説

タグ: , , ,



  • liltasmemo

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • タグ