2017年10月4日、11日放送のテレビ朝日 バーチャルドキュメント「夢見るVR」のOPムービー、タイトルロゴなどの番組デザイン、VRスタジオ背景を担当しました。

 

VR技術を使って、街ゆく人々の夢を叶えると言う企画で、技術とエンタテイメントの融合が素晴らしい番組でした。

 

 

VRは実際は撮影機材もまだまだ進化途中で、8Kの撮影編集はかなり困難があったようでした。

VRの体験を平面で伝えるのはとても難しいのですが、

この番組では、VR背景とカメラワークが完全に連動すると言う技術を使っていて、

人物とVRでできた背景をリアルタイムで合成、撮影することができる、MR(Mixed Reality:複合現実)と言う技術が使われたスタジオにて撮影されていました。

http://www.cos-vr.com/about_mr_box.html

この技術によって、VRの中で夢を叶えた人物の姿が、より自由で臨場感あるカメラアングルで撮影することができ、

まるでその空間に実際にいるような光景が撮影されておりました。(写真は実験中のディレクターさん達)

 

 

スタジオのバックのVRとして、オリジナルで作っていた「ZOOJAZOO-my stomach-」を採用して頂きました。

コアラたち、初めてのTV出演です、、

番組進行はぺこさんとりゅうちぇるさんのお二人。二人を囲む形で、動物たちが番組を見守っているような背景になりました。

 

OP映像では、3匹のユニコーンが走ります。

楽曲はtomgggさんのButter Sugar Cream (MAXO Beammix)、ナレーションは能登麻美子さんと言う、ソフトエッジな最高の組み合わせ。

音も絵も浮遊感溢れる素敵な雰囲気に仕上がりました。

 

 

 

番組内では、若いお坊さんがホストクラブをVRで体験したり、電車大好きな少年が一番乗りたかった車両に乗ったりと、いろんな夢がVRで体験できてゆくのですが、お父さんが船乗りの仕事をしていて普段ほとんど会えない、という女の子の「お父さんの働く姿が見たい」という夢を叶えてゆく中で、VRでお父さんの船の中に乗って、お父さんがメッセージをくれているのを見て娘さんが会いたくなって寂しくなって泣いちゃうシーンがあり、、

普段技術や映像体験としていかに”新しい体験”をするかということばかり考えていたので、こんなにもエモーショナルに人の心に寄り添えるということがとても新鮮でした。

ディレクターの菅原さんが、「TV屋だからこそできる最新技術の伝え方をしたい」とおっしゃられていて、まさにそのような内容です。

 

単発の企画なので2回で終わってしまいましたが、また続いて欲しいと願っています。

 

Animation Staff:

Dir. 池亜佐美

Support:

渋谷絵理子

梁佳緒里
山中澪

2017年12月2日(土)と3日(日)、たまプラーザテラス プラーザホールbyイッツコムさんにて、東京芸術大学映像研究科Presents「クリスマスアニメーションワークショップ サンタさんのお手伝い!」を開催いたしました。

WS内容の企画、WSキットのデザイン、トータルデザインなど全般を担当いたしました。

「サンタさんのお手伝い!」というテーマで、上映のほか大きく4つの体験コーナーを設けました。

工作のワークショップは2つ。当日にディスプレイしていた工作のご案内ムービーはこちら。

一つ目はソーマトロープと言う原始的な視覚おもちゃのワークショップ。勢いよく回すと表と裏の絵が目の中で重なります。片面にはすでにサンタさんのシルエットや、ツリーなどのイラストが用意されており、もう片面に重ねたい絵を考えて描きます。

たった表裏でも思わぬ裏切りがあって、単純なワークショップなのですが、これがやって見ると意外と面白い。ご案内ムービーの最後にもいくつか作例がありますが、片面がおんなじ絵のものを選んで見せ合いっこするととっても楽しいです。

2つめのワークショップは、「サンタハットがなくなっちゃった!」と言うことで、帽子型の被れるゾートロープを開発しました。

帽子の中にアニメーション!

ゾートロープは昔ながらのアニメーションおもちゃでありますが、被れる帽子型のものはたぶん世界初 !

仕上げの部分が難しいのですが、お手伝いサンタさんたちがたくさん子供達のヘルプをしてくれたおかげで、みなさん楽しく作ることができました。

     

かっこよく仕上げてくれました。

3つ目は太鼓を使った、リズムに合わせてデジタルで2コマアニメが楽しめるワークショップ。

飛べなくなっちゃったサンタさんを応援するアニメを作ります。映像のリズムと案内に合わせて、太鼓をたたくとコマが切り替わり2コマアニメが好きなタイミングで動かせるという仕組みです。

技術協力はアニメーション専攻助教でもある松本祐一さん。

それにしても、サンタさんはどうして飛べるのかは、世界的にも明確な理由は無いらしいです。

そのほかアニメーション専攻の子供向け作品の上映や、上平晃代さんの「オオカミのゆりかご」、小光さんのhere AND thereの展示も行い、様々な形のアニメーションをつかった作品の紹介を行いました。

なんとなく、こんなこともあったなぁと、覚えていてくれるかな?

子供さんへ向けた展示は、いつもそんな気持ちでやっています。

大規模なワークショップでたくさんの方にご来場いただきました。ご来場いただいた方々並びにご協力いただきましたスタッフの皆々様へ誠に感謝申し上げます。

 

2017年の話ですが、「PARKS パークス」の瀬田なつき監督からご紹介いただき、Amazonプライム・ビデオ「東京アリス」のアニメーションパートとアニメーションパート内BGMの製作を行いました。

私が担当したアニメーションパートは菊地健雄監督回の3話と4話、幾多の男たちを牧場の牛のように飼い慣らす、円城寺の会話の中で出てきます。

#3の楽曲は円成寺のイメージに合わせてボサノバ。#4はふうが牛に追われるのでカントリー調です。

 

円成寺と牛たち

本ドラマは、瀬田なつき監督、菊地健雄監督の二人の気鋭の監督(同級生なんだそうです)で作り上げているので、回によって色が違う仕上がりになっているのを観るのもとても楽しい作品です。

菊地監督の担当回は、映像が語りかけてくれるようにストーリーテリングが進みます。見ている側と映像が、騙し騙されするやりとりがスリリングです。

 

最新作(?)のMVがあったのでどうぞ。一瞬一瞬が、見逃せないのです。

 

瀬田監督の担当回は、映像に魔法があるとしたらこれという感じ。。この世っぽくない時間が流れます。不安になるくらいの映像にまやかされます。

2017年では両監督揃って「PARKS パークス」「ハローグッバイ」でTAMA映画賞の新進監督賞を受賞されるという快挙も。

 

 

ガールズトークの最中に現れるウシ。アマゾンプライムのみのシリーズですがぜひ。怒涛の展開です。

 

Recent News

Asami Ike Animation & Music 2016